天気予報を見る
 
新聞購読申込

織田作之助賞に井上荒野さん/小説「その話は今日は―」

2018/12/06 19:20

 井上荒野さん
 井上荒野さん

 新進、気鋭の作家の小説に贈られる第35回織田作之助賞(同賞実行委員会主催)は6日、井上荒野さん(57)の小説「その話は今日はやめておきましょう」(毎日新聞出版)に決まった。賞金は100万円。

 70歳前後の夫婦と家事手伝いの青年を中心にした長編で、老いの過程をリアルに描いた。大阪市内で開かれた記者会見で、選考委員で作家の辻原登さんは「奥行きのある作品。老いの世界を背景に浮かび上がる若者の生態が面白かった」と話した。

 今回は2017年10月1日から1年間に初版が刊行された作品が対象。贈呈式は来年3月5日、同市中央区の綿業会館で開く。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.