四国新聞女性クラブ

会員イベントEVENT

第1回 2018年4月8日(日)

13:30~16:00(予定)
レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール

講演会

池上 彰さん

池上 彰さん 「最新のニュースを、やさしく読み解く」

1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。1973年NHKに記者として入局。1979年松江、呉での勤務を経て、東京の報道局社会部。事件、事故、災害、消費者問題、教育問題等を取材。1989年首都圏向けニュースキャスターを担当。1994年から2005年まで「週刊こどもニュース」キャスターを担当。2005年に独立し、フリージャーナリストに。現在はテレビ、新聞など幅広いメディアで活動の傍ら、名城大学教授や東京工業大学特命教授など7つの大学で「教養」を教える。主な著書に『そうだったのか!現代史』(集英社)ほか。

名曲ライブ

白井 貴子さん

半﨑 美子さん “ショッピングモールの歌姫”と話題

17年間の下積みを経て2017年4月、NHKみんなのうた「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~」を収録した「うた弁」でメジャーデビューしたシンガーソングライター。 聴く人の心に寄り添う楽曲などが世代を超えた多くの人々から支持を得る。「うた弁」がロングヒットを続ける中、9月にシングルカットした「サクラ~卒業できなかった君へ~」で第50回日本有線大賞の新人賞を受賞。曲の生まれる背景や、彼女自身の生き方などが数々のメディアに取り上げられ、“ショッピングモールの歌姫”と話題を呼んだ。2018年第一弾シングルの表題曲の「明日への序奏」は人生の助走を続ける人達に贈る“未来への賛歌”ともいえる楽曲。発表後に問い合わせが殺到し、急遽シングル化が決定した。

第2回 2018年5月20日(日)

13:30~16:00(予定)
レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール

トークショー

IKKOさん

IKKOさん

美容師を経て、ヘアーメイクアップアーティストとして独立。アトリエIKKOを主宰して、女性誌をはじめ、テレビ・CM・舞台等のヘアメイクを通じ「女優メイクIKKO」を確立。その後、美容家・タレントとして活動。「どんだけ~」という言葉は、流行語大賞にもノミネートされた。幼少期から抱えていたコンプレックスを乗り越える事により生き方学を身につけ、世間から絶大な共感を得る。最近では美容家として活躍する傍ら、そのセンスを活かしてコスメをはじめ振袖など商品の開発、執筆や講演などにとどまらず、女性の美に対するプロデュース業にも注目が集まっている。

名曲ライブ

尾崎 亜美さん

尾崎 亜美さん 「天使のウインク」など多数の楽曲を提供

デビューは1976年シングル「冥想/冬のポスター」(東芝EMIエキスプレス)。同年8月ファースト・アルバム「シェイデイ」。代表曲として「冥想」「マイ・ピュア・レディ」「初恋の通り雨」など数多く知られている。またデビュー3年目より他のアーティストに楽曲提供を始め、現在のプロデューサーの草分け的存在。主なヒットは南沙織「春の予感」、杏里「オリビアを聴きながら」、高橋真梨子「あなたの空を翔びたい」、松田聖子「天使のウィンク」、観月ありさ「伝説の少女」など日本のミュージックシーンを支えている。2016年にデビュー40周年を迎えた。2018年、クラウンレコードより『Life Begins at 60』をリリース。

第3回 2018年8月11日(土・祝)

13:30~16:00(予定)
レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール

講演会

石原 良純さん

石原 良純さん

1962年神奈川県逗子生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。1984年松竹富士映画「凶弾」でデビュー。その後、舞台、映画、テレビドラマなどに多数出演。2009年度NHK大河ドラマ「天地人」、2015年度 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」他。湘南の空と海を見て育ったことから気象に興味をもち、1997年に気象予報士の資格を取得。日本の四季、気象だけではなく、地球の自然環境問題にも力を入れている。2001年出版の『石原家の人びと』(新潮社)はベストセラーとなり、作家としても注目を集める。

名曲ライブ

植村 花菜さん

植村 花菜さん 「トイレの神様」が大ヒット。NYから帰国し出演

2002年1月、独学でアコースティック・ギターと同時に、作詞・作曲も始める。10月には「服部良一記念大阪音楽祭ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ'02」に出場。1200組の中からグランプリを獲得。2010年3月にリリースしたミニアルバム『わたしのかけらたち』に収録された「トイレの神様」が各チャートで上位を長期的に賑わすロングヒットを記録し、「日本レコード大賞」で優秀作品賞と作詩賞のW受賞。「NHK紅白歌合戦」への初出場も果たす。2013年に結婚。2015年に男子を出産。現在はNYと日本を行き来しながら、精力的に音楽活動を行なっている。

第4回 2018年10月28日(日)

13:30~16:00(予定)
レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール

講演会

尾木 直樹さん

尾木 直樹さん

滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、22年間子どもを主役とした創造的な教育を展開、その後大学教員に転身して22年、合計44年間教壇に立つ。それらの成果は200冊を超える著書(監修含む)、DVD・ビデオソフト、映画類にまとめられている。2004年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。2012年4月法政大学教職課程センター長・教授。定年退官後、現在は法政大学特任教授。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として現場に密着した調査・研究に取り組んでいる。愛称は「尾木ママ」。

名曲ライブ

村上 ゆきさん

村上 ゆきさん 「積水ハウス」などの多数のCMソングを手掛ける

シンガー・ソングライター&ピアニスト。透きとおった歌声、言葉の発音の美しさから“ヘブンズ・ボイス”と称される。森山良子、畠山美由紀、笹川美和の作品やライブではピアニストとして参加。「積水ハウス」をはじめ数多くのCM音楽の作曲、歌唱、ナレーション等を担当。また、TBSラジオ「村上ゆきのスローリビング」のパーソナリティなど、幅広く活動中。最新作は、ヴァイオリニストの妹とのアルバム『Snow Steps 2』。

※イベント内容は、荒天や講師等の都合で変更・中止になる場合がございます。