天気予報を見る
 
新聞購読申込
天気 TOP > 天気 > 台風情報

天気をカスタマイズ

のエリア 

お天気情報

雨雲の動き

雨雲の動き(全国)

四国地方のお天気

防災情報

台風情報

 

雨台風

特性 雨は長時間かつ広範囲に

 台風は積乱雲が集まったもので、長時間、広範囲にわたって降るのが特徴。秋雨前線が停滞している時は、湿った空気が前線の活動を活発化させ、特に長く降ります。

注意点 河川や山には近づかない

 山の斜面などは大量の雨が降ると、地盤が緩みます。山崩れなどに注意し、近づかないようにしましょう。河川や海の近くでは水位や潮位の上昇に注意が必要。また、雨で増水した川や側溝、冠水したマンホールなどで転落事故の恐れもあります。よほどのことがない限り、極力外出しないように心がけましょう。

高波

特性 うねりを伴い突然現れる

 台風の中心付近では、10メートルを超える高波になることがあります。しかも、風とうねりが交錯し、複雑な波となり、いろいろな方向から突然発生します。

注意点 海には絶対近づかない

 台風が通り過ぎるまで、海岸付近には、絶対に近づいてはいけません。

風台風

特性 中心の位置で変わる風向き

 台風の中心がどこを通るかで、風向きは大きく変化します。台風の目に入ると、風は急に弱くなりますが、台風の目が通り過ぎた後は、強い吹き返しに注意が必要です。

注意点 できるだけ、外に出ない

 強風にあおられて転倒するほか、看板や瓦が飛んできて、ケガをするケースがあります。また、今まで吹いていた強風が急に弱まっても、再び吹き返しの強風がやってくることもあるので、台風が完全に通り過ぎるまで、外に出ないことが最善策です。避難する時など、やむを得ず外に出る場合は、ヘルメットや安全帽を着用しましょう。

高潮

特性 海面上昇+強風で発生

 気圧が1ヘクトパスカル低くなると、海水面は1センチ高くなります。台風そのものが低気圧なので、海面は必ず上昇するのに加え、上昇した海面が強風に吹き寄せられて、高潮が発生します。

注意点 満潮時刻をチェック

 夏から秋にかけて、日本は平均潮位が最も高くなる時期。このシーズンの大潮期の満潮時は、ほとんどのところで年間の最高潮位を記録します。まずは、満潮時刻と台風の接近情報をこまめにチェック。無駄足覚悟で、車や家財道具などを避難させるとともに、浸水の危険がある場合は、早めに避難しましょう。

予兆がきたら、すぐ避難

 

 台風は雨、風、高潮などに加え、土石流やがけ崩れなどさまざまな被害を及ぼすことがあります。もし、予兆に気が付いたら、みんなに知らせて、安全な場所に避難してください。

土石流

  • 山鳴りがする
  • 雨が降っているのに、川の水位が下がる
  • 川が濁り、流木が混ざる

がけ崩れ

  • がけから濁った水が流れる
  • がけに亀裂が入る
  • 小石がパラパラ落ちてくる

地すべり

  • 地面にひび割れができる
  • 井戸や沢の水が濁る
  • 斜面から水が噴き出す

避難時の5原則

 

避難場所を確認

家族そろってどこへ避難するのか、どの道を通って行くのか、もう一度確認します。

持ち出し袋は?

必要なものが入っているか、中身を再チェック。

服装をチェック

ヘルメット、雨具、手袋など。両手が使えるスタイルで。

みんなそろって

単独行動は厳禁。できるだけ近所の人たちと一緒に避難所へ向かいましょう。

落ち着いて避難

洪水などで足元が見えないときは、浮き上がったマンホールや側溝に注意。長い棒を杖代わりにして地面を確認しながら避難しましょう。

県内には約1050カ所 緊急避難所

 

 県内には、小学校や公民館など公的施設約1050カ所が緊急避難所に指定されています。基本的に、校区内の学校や公民館が避難所になりますが、地域によっては寺や自治会長の自宅などが避難所に指定されているところもあるので、各市町村に確認しておきましょう。

校区の避難場所が遠い場合、最寄りの避難所へ

 自宅から校区の避難所が遠い場合は、最寄りの避難所でもOKです。また、場所によっては避難所が冠水する場合も想定されますから、ハザードマップなどをもとに、より安全な避難所を選ぶことが大切です。
 なお、避難所は香川県のサイトから「防災情報」→「避難所情報」の順に進むと、一覧を見ることができます。http://www.pref.kagawa.jp/

貯水率(情報の更新間隔
22日(19時現在) 100.0%
平年値(0時現在) 85.8%
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.