讃岐うどん遍路 首都圏版
讃岐うどん遍路 首都圏版
トップページへ
関東厳選さぬきうどんをご紹介
団長のフェイバリット
手打ちうどん
「すみた」
純手打ち讃岐うどん
「綾」
讃岐うどん
「野らぼー」
チェーン店
特別ゲスト紹介
田尾和俊
蓮見 壽
タレコミ情報
体験記掲示板

香川のうどん検索サイト 讃岐うどん遍路

四国新聞ニュースサイトへ






特選! 讃岐人も通う「首都圏のうどん屋完全データ」

団長の「首都圏の讃岐うどんフェイバリット」

お父さん御用達、泣いて喜ぶうどん好き 讃岐うどん 野らぼー
東京の讃岐うどんの一般店には、夜、居酒屋になったりする店がいくつもある。しかし、ビールとうどんは何となくアリかな? とも思うが、日本酒とうどんは昔、長田でダシをアテにワンカップを飲むじいさんが目撃されたくらいで、どうもピンとこなかったりしてたのだ、私は。しかもそういう店の夜はやっぱり酒が目的の客がほとんどだろうから、うどんはまあついでに…という、そんなもんだろうと思っていたのである。ところが、野らぼーがよろしいんですがな。

何がよいかと言って、野らぼーの麺には「弾力」が入っている。東京では「コシがある」=「固い」というカンちがいが客にも作り手にも蔓延しているフシがあるのだが、私は野らぼーで初めて、弾力の入ったコシの麺に遭遇したのである。しかもここのかけうどん系のダシは、讃岐うどんのダシの代表的な特徴である「すっきり系のいりこダシ」が野卑なまでに再現されている。さらにつけうどん系のダシは、これまた讃岐王道の「香の香系」のつけダシ。ええとこどりでんがな。イリコの天ぷらが私のとてもお気に入り。ちなみにメニューに「ジャコ天」というのがあるが、あわててこれを注文するとさつま揚げのジャコ天が出てくるので、ちゃんと「イリコの天ぷら」と注文すること。いや、好きな人はジャコ天を注文してもいいんですけど。(文:田尾和俊
店舗情報を確認する


 
四国新聞は「cookie」を使用しています。 四国新聞はInternet Explorer5.0、Netscape4.7以上でご覧いただけます。
このホームページに対するご意見・ご感想はudon@shikoku-np.co.jpまでお願いします。
掲載中の記事・写真の無 断転載を禁じます。すべての著作権は四国新聞社に帰属します。
(C)Copyright 2000- THE SHIKOKU SIMBUN. No reproduction or republication without written permission.