四国新聞

セルフ

かざしうどん

かざしうどん うどん近影 別添えの大根おろしとわさびはお好みで

うどんの真髄を極めた経験豊かな店主が生み出す味

2017/04/28 更新

人気メニュー

  1. かけうどん
  2. ぶっかけうどん
  3. 肉うどん

香川県高松市国分寺町福家甲987−4
ことでんかざしが丘駅から徒歩7〜8分

営業時間

(平日) 11:00〜15:00 
(土)  11:00〜15:00 
(日・祝)11:00〜15:00 

定休日

木曜 

店舗の外観

駐車場、店内ともに広々。座敷席も完備されています

TEL 087-870-6725

座席 58席(イス40席 / 座敷18席)
駐車場 28台
トイレ 有 
創業 H21.3.14

かけうどん(あつ・ぬる・ひや)小 200円
ぶっかけうどん(あつ・ひや)小 240円
ざるうどん 小 240円
生醤油うどん 小 240円
肉うどん 小 420円
肉玉うどん 小 480円
山かけうどん(梅・卵) 400円
わかめうどん 300円
湯だめ 240円
中(2玉)小の90円増し、大(3玉)小の180円増し

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 260グラム
麺の太さ 4〜5ミリ
自分で入れられる薬味 ねぎ・しょうが・ごま・七味・天かす
うどんの地方発送 不可 
玉売り 可 1玉80円 だし1人前100円 
備考

編集者からひとこと

 ひと口に「うどん」と言えども、その味は各店さまざま。今回訪れた同店も、店主の黒田一雄さんが「まねのできない味」を追求した究極の一杯が楽しめるセルフ店です。
 琴平町の手打うどん店で生まれ育った黒田さんの職人歴は2009年現在34年。「ここにしかない、一度食べると癖になるようなうどんが目標。今までの経験を生かして、ごまかしの効かないシンプルな味で勝負するつもりです」。
 どおりで、いただけるのは定番メニューのみ。ならば、麺とだしだけでうまさが決まる「ぶっかけ」を味わってみましょう。ピンとエッジの立った麺は完全なる手打ち。甘味を抑えたさっぱり系のだしでほんのり色づくと、麺本来のうま味がさらに際立ちます。コシが強いうえボリュームもあるので、満足感もひとしお。地元のうどん通もきっと納得のおいしさです。