四国新聞

一般店

長田うどんお店HP

長田うどん うどん近影 小をお代わりするも良し、最初から大にするも良し。そのうまさゆえ2玉食すのが主流です

食べた者だけが感じることのできる五感を刺激する究極のうまさ!!

2017/05/20 更新

人気メニュー

  1. 釜あげ(大)
  2. 釜あげ(小)
  3. たらい(小)

香川県仲多度郡まんのう町吉野1290−1
琴参バス八幡バス停から徒歩1分
交差点を南に進めば満濃池へ

営業時間

(平日) 10:00〜17:30 (水曜16:00まで)(麺がなくなり次第終了)
(土)  10:00〜17:30 
(日・祝)10:00〜17:30 

定休日

木曜日、毎月第3金曜日 (祝日の場合営業)

店舗の外観

90席もある広々とした店内は、こだわりの味を楽しむ人たちで常時にぎわっています

TEL 0877-79-2171

座席 90席(イス90席 / 座敷0席)
駐車場 40台
トイレ 有 
創業 昭和29年9月1日

釜あげ(小) 250円
釜あげ(大) 350円
冷やし(小) 250円
冷やし(大) 350円
たらい(小) (釜あげ冷) 1000円
たらい(大) (釜あげ冷) 2000円
半生うどん(1袋) 400円 半生うどん(3袋) 1500円
半生うどん(5袋) 2500円 半生うどん(10袋) 4500円
しょうゆ豆 400円    

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 220グラム
麺の太さ 5〜8ミリ
自分で入れられる薬味 ねぎ・しょうが・ごま・七味
うどんの地方発送 可 
玉売り 可 1玉80円 ペットボトル入り 10玉分のダシ800円、小300円
さぬきの夢 使用
備考

編集者からひとこと

 かつて“まんのうトライアングル”と言われた、うどん激戦区の吉野交差点。この場所でほぼ半世紀、釜あげ1本で勝負し続けているのが「長田うどん」です。2代目となる松永孝一郎さんはここ数年間でだしを改良。添加物を一切使わず時代のニーズに合わせた、天然素材の豊かな風味が魅力のだしを完成させたそう。
 ショウガをすりながら待つこと数分、絶妙のゆで加減の釜あげが運ばれてきました。大きな徳利から熱々のだしを猪口に注ぎ、そこへ出来立て麺を軽くくぐらせ一気にズズッと―。まずはイリコやカツオの香りを強烈に感じた後、小麦の香りが追いかけてきます。そして太麺の食感を堪能していると、すかさず今度は口中にうま味が広がる…。五感すべてに刺激的で存在感のある深い味わいが、脳裏に焼き付けられる感じがします。
 「その店の基本となるもの」。松永さんは釜あげをそう表現します。「出来立てのうどんを召し上がっていただきたいから、釜あげ1本に絞り込み今に至りました。一つのメニューに全力を注ぐことで、味はもちろん、すべてにおいて究極のものができると信じています」。