四国新聞

一般店

綾 うどん近影 しょうゆうどん300円

純手打うどんとイリコだし。讃岐の味

2013/09/09 更新

人気メニュー

  1. しょうゆ(大)
  2. あつあつ(大)
  3. ひやひや(小)

神奈川県川崎市宮前区犬蔵1−9−21
東急田園都市線 宮前平駅下車 徒歩18分
宮前平からバス 犬蔵公民館下車2分

営業時間

(平日) 11:00〜15:00 頃
(土)  11:00〜15:00 頃
(日・祝)10:30〜15:00 頃

定休日

火曜 

店舗の外観

TEL 044-976-5433

座席 16席(イス16席 / 座敷0席)
駐車場 無
トイレ 有 
創業 2001年12月18日

ひやひや 300円
あつあつ 300円
ひやあつ 300円
しょうゆ 300円
ゆだめ 300円
じょうれん 500円
大 じょうれんは大の設定なし 450円

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 140グラム
麺の太さ 6ミリ
自分で入れられる薬味 しょうが・ごま・天かす・一味
うどんの地方発送 不可 
玉売り 不可 (1玉100円で場合により可能)
備考

編集者からひとこと

 東名高速川崎インターチェンジに近い街道沿いに、2001年年末にオープンした綾はあっという間に関東の讃岐うどんファンの舌を魅了した。高松の人気店「あたりや」で修業、あたりや同様のこだわりを貫くうどん店だ。綾という名前は、店主八河さんが修業時代に過ごした香川の地名の一部をとったもの。綾では「おいしい山の水」も健在。丹沢の蔵元まで仕込み水を汲みに行く。大変な労働だと思うが、この水で練るうどんでないと納得できないという。だしの仕込みもこの水が使われる。水がうどんの生命線だ。小麦粉や醤油、イリコも香川から取り寄せる。ひとつひとつが積み重ねられて綾のうどんが完成される。讃岐流セルフで取る天ぷら、フライも15種ある。お客さんが見ている前で打つうどんは、しっかりとしたコシと喉越しの良さがバランスしている。だしもぐいぐい飲める。イリコは効いているが厭味はない。