四国新聞

一般店

野らぼーお店HP

野らぼー うどん近影 野らぼーうどん780円

お父さん御用達、泣いて喜ぶうどん好き

2013/08/05 更新

人気メニュー

  1. 野らぼーうどん
  2. 釜玉生正油うどん
  3. 釜肉ぶっかけうどん

東京都千代田区神田錦町1−8−11FパシフィックビルB1
都営新宿線 小川町B5出口 徒歩2分
営団地下鉄 丸の内線 淡路町駅 徒歩5分

営業時間

(平日) 11:30〜22:30 (14:00〜17:00は休憩)
(土)  11:30〜14:00 
(日・祝) 

定休日

日曜祭日 

店舗の外観

TEL 03-3295-5121

座席 35席(イス35席 / 座敷0席)
駐車場 無
トイレ 有 
創業 2000年7月

熱つあつ(1玉) 450円
熱つあつ大(2玉) 600円
ひやあつ(1玉) 450円
ひやあつ大(2玉) 600円
ひや冷や(1玉) 450円
ひや冷や大(2玉) 600円
釜揚げうどん 550円
釜玉生正油うどん 570円
おろしうどん 650円
辛口カレーうどん 670円
のらぼーうどん 780円
ざるうどん 550円
冷玉生正油うどん 570円
月見おぼろうどん 670円

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 320グラム
麺の太さ 6ミリ
自分で入れられる薬味 ごま・一味
うどんの地方発送 不可 
玉売り 不可 
備考 鎌倉橋店は土曜日も休み

編集者からひとこと

 野らぼーとは「野原でボーとしているような気持ちでくつろいで欲しい」というメッセージを込めた店名だ。一度聞くと必ず覚える名前だ。2000年7月に開業以来着実にファンを増やしている。現在神田錦町の本店を中心に周辺に7店舗を構える。
 店主の氏家さんは香川の出身、子供の頃から親しんだ讃岐うどんを東京に広めたいという夢がある。昼はうどんと丼を中心にした定食が大人気。近くのサラリーマンやOLに熱烈支持されている。夜はうどんを中心とした居酒屋メニューも充実。懐に優しくて美味しいお店として大人気。サラリーマンを中心に賑やかな店内となる。
 うどんは「ひや冷や」「熱あつ」「ひやあつ」「釜玉」と完全讃岐。小麦粉も鮮度の高いものを香川から取り寄せている。一番人気は煮干天と生卵が載った「野らぼーうどん」この天ぷらが美味い。店内での自家製麺だからうどんもいつも茹でたてで期待を裏切らない。活気のある店内は讃岐の一般店を彷彿させる。讃岐が恋しくなったらここで一杯!