四国新聞

セルフ

うどん屋 まつはま

うどん屋 まつはま うどん近影 ナガモは、1皿120円ですべてのうどんメニューにトッピングできる

佐渡島特産の「ナガモ」粘りがあり食感つるつる

2017/07/07 更新

人気メニュー

  1. ながもぶっかけ
  2. 梅ながもぶっかけ
  3. かけうどん

香川県高松市元山町308−1

営業時間

(平日) 10:30〜14:00 (14:00頃まで。麺がなくなり次第終了)
(土)  10:30〜14:00 (14:00頃まで。麺がなくなり次第終了)
(日・祝)10:30〜14:00 (14:00頃まで。麺がなくなり次第終了)

定休日

不定休 

店舗の外観

土日は、午後1時すぎに麺がなくなることも

TEL 087-847-3439

座席 27席(イス19席 / 座敷8席)
駐車場 8台
トイレ 有 
創業 平成22年5月27日

かけうどん(温・冷) 200円
ぶっかけ 270円
温玉ぶっかけ 330円
冷し 240円
ざる 270円
湯だめ 240円
釜あげ 320円
釜玉 320円
しょうゆ 270円
梅かけ 270円
ながも 330円
ながもぶっかけ 400円
梅ながもぶっかけ 430円

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 不明
麺の太さ 不明
自分で入れられる薬味 ねぎ・しょうが・七味・しょうゆ・ソース
うどんの地方発送 不可 
玉売り 可 1玉90円 だし1人前100円 
備考

編集者からひとこと

 新潟県佐渡出身の店長・吉川裕二さんが、高松での修行を経てオープンしたセルフうどん店。理想のモチモチ感を追い求め、しっかりと手打ちした麺は、開店当初から行列ができるほどの人気ぶり。そんな同店に、吉川さんならではのアイデアうどんがあると聞いてやってきました。その名も、「ながもぶっかけ」。
 「ナガモ」とは、佐渡島特産の海藻のこと。形はヒジキのように細かく、色はワカメのように澄んだ緑色。粘りもあります。これを、ぶっかけの上にかけてしっかりとかき混ぜるのがおすすめの食べ方。太めの麺にナガモが絡まり、つるつるとのどを通ります。麺のコシとナガモのシャキシャキとした食感を楽しんでいるうちにあっという間に完食。「佐渡島では、そばやみそ汁に入れて食べるので、うどんにも合うと思いました」と、吉川さん。佐渡島と讃岐がコラボレーションしたうどんが新たな注目を浴びそうです。