四国新聞

一般店

焼肉いこい

焼肉いこい うどん近影 うどんを食べて残っただしに、ラーメンの麺を加えたり雑炊にしていただくと二度おいしい!

代々受け継がれた伝統の味がグルメ旋風を巻き起こす!!

2017/04/24 更新

人気メニュー

  1. 多度津鍋ホルうどん

香川県仲多度郡多度津町仲ノ町4−5
JR多度津駅から徒歩10分、善通寺ICから車で15分

営業時間

(平日) 17:00〜23:00 
(土)  17:00〜23:00 
(日・祝)17:00〜23:00 

定休日

月曜日 

店舗の外観

骨付鳥などの一品メニューも人気の老舗焼肉店

TEL 0877-33-2007

座席 70席(イス14席 / 座敷56席)
駐車場 10台
トイレ 有 
創業 1957年ごろ

多度津鍋ホルうどん 600円

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 普通
麺の太さ 4ミリ
自分で入れられる薬味 一味
うどんの地方発送 不可 
玉売り 不可 
備考

編集者からひとこと

 今回訪れたのは、うどん店ではなく老舗焼き肉店「いこい」。唯一存在するうどんメニュー「鍋ホルうどん」が今、讃岐うどんの枠を超えてB級グルメ界でも脚光を浴びているのです。
 しょうゆベースのホルモン鍋でうどんを煮込んだこの一杯。見た目はシンプルですが、一口食べて驚き!  熟成されただしと、それを含んだうどん、ホルモンの食感の美味なること。濃厚な割には思いのほかあっさりで、箸が止まりません。「ニンニクやたまりじょうゆなどを発酵させた秘伝のタレが味の決め手です」と店主の小原隆三さん。
 聞けば、このメニューの誕生は1957年ごろ。先代がホルモンのおいしさを広めようと考案したのが始まりで、旧国鉄の多度津工場職員や常連の間で一大ブームに。「裏メニューで継続していましたが、今後は町起こしの起爆剤として多度津の名物になれば」と小原さん。イベント出店予定もあり、目が離せません。