四国新聞

製麺所

がもううどん

がもううどん うどん近影 光沢がありつるつるした麺は軽い食感でどんどん喉を通ります。一番人気はかけにちくわ天

朝からうどんは香川の常識!田んぼを見ながらのんびりいただく

2017/04/28 更新

人気メニュー

  1. かけうどん小+ちくわ天
  2. かけうどん小+あげ
  3. かけうどん

香川県坂出市加茂町420−1
JR鴨川駅より徒歩20分

営業時間

(平日)  8:30〜14:00 (麺がなくなり次第閉店)
(土)   8:30〜13:00 (麺がなくなり次第閉店)
(日・祝) 8:30〜13:00 (麺がなくなり次第閉店)日曜は定休日

定休日

日曜、第3月曜日、第4月曜日、体育の日 臨時休業有り

店舗の外観

お昼時には駐車場やあぜ道にたくさんの人が溢れます

TEL 0877-48-0409

座席 8席 
駐車場 54台
トイレ 有 

うどん(つめたい・小) 150円
うどん(つめたい・大) 250円
うどん(つめたい・特大) 350円
うどん(ぬくいん・小) 150円
うどん(ぬくいん・大) 250円

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 200グラム
麺の太さ 夏は割り箸の先くらい、冬は割り箸の真ん中くらいの太さ
自分で入れられる薬味 ねぎ・一味
うどんの地方発送 不可 
玉売り 可 1玉70円 
さぬきの夢 不使用
備考

編集者からひとこと

 のどかな田園風景に溶け込むように建つ「がもううどん」。田んぼと住宅に囲まれた小さな店がここまでうどん通の心を虜にするのか…。それは一度でも「がもううどん」を訪れたことのある人ならきっと分かるはず。平日の午前9時だというのに駐車場には多くの車。店にはお客さんが列を作っています。
 「店の中の席が空いとっても、天気が悪かっても、みんな外で食べるで」と笑って話すのは、2代目店主・蒲生正さん。ここでは、ビシッと決まったスーツ姿のサラリーマンも、農作業の合間に来るおっちゃんたちも、上司も部下も、みんな同じ。うどんを受け取り、好みの具を乗せだしをかければ、店の表でずずーっとうどんすすります。これぞ“がもうスタイル”。稲穂なびく田畑と、その向うには五色台。あくせくせず、のんびりといただきましょう。
 当然のことながら、お昼時は大変込み合うので、午前中(早めの時間)に行くのがおすすめ。