四国新聞

一般店

さぬき一番 南支店

さぬき一番 南支店 うどん近影 魚介のうまみを絶妙に引き出しただしも絶品。たっぷり具材でぜいたくに味わって!

ブレのないうどん作りへの姿勢で本来の持ち味を極め続ける名店

2017/12/15 更新

人気メニュー

  1. 鍋焼うどん
  2. (夏)天ざる(冬)しっぽく
  3. (夏)肉ぶっかけ(冬)打込うどん

香川県高松市東ハゼ町2-14
ことでん三条駅から徒歩10分
JR栗林駅から車で5分。高松西ICから車で10分、高松中央ICから車で10分

営業時間

(平日) 10:00〜17:30 
(土)  10:00〜17:30 
(日・祝)10:00〜17:30 

定休日

無休 

店舗の外観

一般店にして気取らずに寄れる雰囲気が評判

TEL 087-866-3182

座席 80席(イス36席 / 座敷44席)
駐車場 15台
トイレ 有 
創業 昭和51年

きつねうどん 390円
かやくうどん 390円
月見うどん 370円
わかめうどん 370円
かき揚げうどん 450円
ちくわ天うどん 420円
野菜天ぷらうどん 480円
えび天うどん(温・冷) 520円
山かけうどん(温・冷) 520円
肉うどん 520円
カレーうどん 420円
醤油うどん(温・冷) 310円
かけうどん 310円
釜あげうどん 390円
釜玉うどん 440円
梅わかめうどん 450円
ざるうどん 390円
冷やしうどん(夏季限定) 390円
ぶっかけうどん(温・冷) 360円
温玉ぶっかけうどん(温・冷) 460円
肉ぶっかけうどん(温・冷) 570円
えび天ぶっかけうどん(温・冷) 570円
かき揚げぶっかけうどん(温・冷) 470円
梅ぶっかけうどん(温・冷) 450円
おろしぶっかけうどん(温・冷) 410円
しっぽくうどん(冬季限定) 520円
天ざるうどん 730円
野菜天ざるうどん 590円
特上天ざるうどん 1050円
釜天うどん 760円
特上釜天うどん 1050円
鍋焼うどん 680円
打込うどん 680円
うどん定食 (うどん、ごはん、だし巻き玉子、漬け物) 450円
かやくめし定食 (うどん、かやくごはん、漬け物) 580円
(大)は120円増し(鍋焼・打込うどんは別途料金がかかります)

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 280グラム
麺の太さ 4ミリ
自分で入れられる薬味 一味
うどんの地方発送 不可 
玉売り 不可 
備考

編集者からひとこと

 1971年(昭和46年)、高松市南新町に創業した「さぬき一番本店」は、当時では珍しい“うどんを料理として提供する店”でブームとなった人気店。そこで修業を積み5年後に独立したのが「南支店」です。本店なき今も古き良き時代を感じてもらおうと、正統派の讃岐うどんのみで勝負しています。
 「もちもちっとして、中に芯が通っているのが本当のコシ」と話す2代目店主・川西昭二さんが手作業にこだわった味わいは、若者から年配者まで厚く支持される逸品ぞろい。季節を問わず人気の「鍋焼うどん」、冬に恋しい「しっぽく」や「打込うどん」、夏には「天ざる」など…。生粋の王道メニューが良心価格で堪能できるとあり、閉店まで客足が絶えません。
 「“かけ+天ぷら”だけがうどんの楽しみ方ではないことを継承していきたい」との思いが込められた多彩な一杯で、本来のうまさを存分に感じてみては。