四国新聞

一般店

讃岐うどん吉野の郷 一藤

讃岐うどん吉野の郷 一藤 うどん近影 ネギ、ショウガ、七味の入った薬味を投入。麺に絡めて食べればおいしさ倍増

コシの強さと弾力が持ち味 麺のうまさを「ざる」で堪能

2017/05/01 更新

人気メニュー

  1. ざるうどん
  2. しょうゆうどん
  3. 肉うどん

香川県仲多度郡まんのう町吉野3100−4
JR土讃線塩入駅から車で6分、国営讃岐まんのう公園まで車で8分

営業時間

(平日) 10:30〜17:00 
(土)  10:30〜17:00 
(日・祝)10:30〜17:00 

定休日

月曜 (祝日の場合は営業)

店舗の外観

国営讃岐まんのう公園から車で約5分。店内も広い

TEL 0877-79-1410

座席 60席(イス60席 / 座敷0席)
駐車場 30台
トイレ 有 
創業 平成12年5月1日

かけうどん 300円
釜掛うどん 300円
ざるうどん 300円
冷やしうどん 300円
しょうゆうどん 300円
釜揚げうどん 300円
ぶっかけうどん 300円
わかめ掛けうどん 400円
月見うどん 400円
きつねうどん 400円
肉うどん 500円
カレーうどん 500円
天ぷらうどん 500円
しっぽくうどん 500円
松茸うどん 600円
天釜うどん 700円
鍋焼きうどん 700円
うどん定食 600円
親子丼 500円
牛丼 500円

※取材後に値段が変更される場合が有りますので、ご注意下さいます様お願い致します。

一玉の重さ 250〜270グラム
麺の太さ 5ミリ
自分で入れられる薬味 七味
うどんの地方発送 不可 
玉売り 可 1玉80円 だし1人前100円 
備考

編集者からひとこと

 「もう年やけんな。いつまで頑張れるか分からんけど、今を維持しながらできるとこまでしたい」と話す店主の藤川享之さんは御年80歳。元は建設業を営んでいたという藤川さんがうどん屋に転身したのは17年前。創業以来、かむと弾力があり、心地よい小麦の香りが広がる麺に引かれて通う常連客も多いといいます。
 同店の麺を堪能するには「ざるうどん」がおすすめ。ひと晩寝かせて熟成させた麺は、ぐんと伸びる弾力とモチモチとした食感に加え喉ごしなめらか。イリコをベースに昆布、かつおでとったやや濃い目のだしに麺をつけて食べれば、口の中で独自にブレンドした小麦の香りがほのかに広がり、満足度十分! ほかにも甘辛く炊いた肉を乗せたボリュームたっぷり「肉うどん」(500円)や、うど
ん、ご飯にとんかつコロッケまたは焼き魚が付いた「うどん定食」(600円)も人気。価格も良心的です。