讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

坂出の名所、歩いて巡ろう 4月6、7日にウオーク 参加者募集

2019/03/08

 坂出市周辺の名所旧跡を歩いて巡る「第17回讃岐うどんつるつるツーデーウオーク」(実行委主催)が4月6、7の両日、JR坂出駅前市民広場を発着点に開かれる。体力に応じた5キロから35キロまでの4コースがあり、市内外から広く参加を呼び掛けている。

 同ウオークは春の讃岐路を仲間と共に楽しく歩き、ゴール会場で打ち立ての讃岐うどんを味わう恒例イベント。

 6日は「崇徳上皇・へんろ道コース」と銘打ち、35キロコースは西行法師の道をたどって四国霊場81番札所・白峯寺や白峯御陵、80番札所・国分寺、79番札所・天皇寺などを巡る。

 7日は「瀬戸大橋・万葉の島コース」で、35キロコースは78番札所・郷照寺、丸亀城、万葉の島・沙弥島、瀬戸大橋記念公園、番の州公園などを歩く。

 両日ともコースごとに出発式があり、35キロは午前7時10分、25キロ(7日は20キロ)と10キロは同8時、5キロは同9時40分から。雨天決行。

 参加費は参加日数にかかわらず同額で、一般1800円(当日2200円)、中高生1千円(当日1200円)。小学生以下(保護者同伴)は無料。9日までに申し込めば、参加者名簿への掲載が可能。

 申し込み、問い合わせは実行委〈0877(45)4401〉。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる