讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

うどん打ちや和三盆作り 讃岐の体験スポット紹介 高松商議所、観光HPを開設

2019/01/18
高松商議所が開設した体験型の観光コンテンツを集約したホームページ高松商議所が開設した体験型の観光コンテンツを集約したホームページ

 高松商工会議所は、高松市内の体験型の観光コンテンツを集約したホームページ(HP)「DISCOVER SANUKI」を開設した。伝統工芸や産業のワークショップなどを手掛ける会員事業所などを取材し、体験エピソードや写真を掲載している。各事業所のHPと連携しており、そのまま予約することも可能。スポットを効率的に巡るモデルコースも提案し、讃岐ならではの魅力を積極的に発信する。

 県外から香川への観光客は近年、インバウンド(訪日外国人客)を中心に増加傾向にある。一方、県の調査によると、県外から訪れた宿泊観光客は1人当たりの平均で2万5956円を支出するが、体験などに費やされる入場料や遊興費は6・1%の1588円にとどまり、高松商議所は「体験型観光が人気を博する中で、もったいない状況が続いている」とする。

 新HPはこうした課題の克服の一助にしてもらうのが狙い。第1弾としてうどん打ちや手まり、和三盆作りなどが体験できる10事業所を取材、体験エピソードを写真とともに掲載した。記事は日本語のほか、HP上の翻訳機能を使い、英語や韓国語、中国語などでも読むことができる。

 また、体験を提供する各事業所が近隣を訪れる観光客を共有できないといった悩みにも着目し、「讃岐の繊細な手仕事を体験する」「盆栽と讃岐が誇る庭園と歴史を巡る」「アート&うどん 五感で楽しむモノ作り」と三つのモデルコースを設定。複数の事業所を3〜6時間程度で周遊できるようテーマや立地条件でまとめた。

 高松商議所は今後も体験スポットを随時追加しながら、新しいコンテンツの発掘や開発も進める方針で、「観光産業の発展には滞在時間を延ばすことが欠かせず、体験型コンテンツの定着は大きな力になる」としている。HPのアドレスは〈http://discover-sanuki.jp/〉。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる