讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

観音寺で3世代うどん作り

2018/12/31


 観音寺市粟井町の粟井公民館で3世代によるうどん作り教室があり、小学生や保護者、お年寄りら計60人が協力して、うどんの手打ちに挑戦した。

 地元の青少年育成会(小林健太郎会長)が世代交流を目的に毎年開催、10回目の今年は9日にあった。

 婦人団体「いきいきクラブ」のメンバーらにこつを教わりながら、子どもたちは生地を練り、足で踏んだりする全作業を体験。悪戦苦闘しながらも2時間ほどで作り上げ、ゆで上がったうどんを味わった。粟井小4年の藤川裕真君は「やっぱり自分で作ったうどんはおいしい」と話していた。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる