讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

お遍路さんにうどんの接待 さぬき、高松短大生実習

2018/03/19
お遍路さんにうどんを振る舞う高松短大の学生=さぬき市前山、おへんろ交流サロンお遍路さんにうどんを振る舞う高松短大の学生=さぬき市前山、おへんろ交流サロン

 高松短大(高松市春日町)の秘書課の学生8人は18日、四国霊場88番札所・大窪寺近くにあるおへんろ交流サロン(さぬき市前山)で、お接待実習に取り組んだ。学生たちは、お遍路さんらにうどんや湯茶を振る舞い、地域に根付くおもてなし文化を体感した。

 実習は、2003年度から高塚順子教授の「地域文化研究」の講義の一環として実施しており、今回で36回目。

 学生たちは、温かいぶっかけうどん80食分や手書きのメッセージを添えたお菓子などを用意。同サロンに立ち寄った歩き遍路らに「どちらから来られましたか」「おいしいですか」などと笑顔で声をかけながら接待した。

 1回生の森明日香さん(19)は「お遍路さんとの交流が楽しかった。人のために何かをしたいというおもてなしの心は、将来に生かせそう」と話していた。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる