讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

年明けうどんで幸せな1年に 総本山善通寺 元日に恒例接待

2017/12/31

 縁起を担いで1杯いかが−。善通寺市善通寺町の総本山善通寺で、元日恒例の「年明けうどん」の接待がある。弘法大師空海が2023年に生誕1250年を迎えることをPRするため、1250食を用意する。

 初詣を盛り上げて観光振興につなげようと、市観光協会などが企画。市特産のダイシモチ麦を練り込んだうどんに、赤い金時ニンジンを添えて提供する。

 接待は元日午前0時から西院遍照閣前で行う。うどんを食べた人を対象に、地元の特産品や米、日本酒などの賞品が当たる福引抽選会もある。

 境内では午前0時から新年最初の法要・修正会(しゅしょうえ)が営まれる。
年末年始は混雑が予想されるため、周辺は31日から1月3日まで一部で交通規制が行われる。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる