讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

丸亀市飯野町周辺 うどん人気店さらに 「おか泉」(宇多津)が1月出店へ

2017/11/13
来年1月の開設に向け、整備が進む製麺工場兼店舗=丸亀市飯野町来年1月の開設に向け、整備が進む製麺工場兼店舗=丸亀市飯野町

丸亀市飯野町周辺の主なうどん店丸亀市飯野町周辺の主なうどん店

 うどん処(どころ)で知られる中讃地方で、県内の人気うどん店が来年1月、丸亀市飯野町にセルフ店を初めて出店する。出店場所一帯は市内では人気店が集中する“うどん界わい”の一つとして知られており、地元住民からは「新しい店にぜひ行きたい。各店を巡って食べ歩きをする人も増えるはず」と、地域のにぎわいに期待の声が上がっている。

 新店舗を構えるのは宇多津町の「おか泉」。同市飯野町にある土産・贈答用の製麺工場が手狭になっていることなどから、工場を約2キロ南に移転拡充し、工場で作られた麺のおいしさを知ってもらおうと、工場の一画に店舗を設けることにした。

 店舗名は「うどん おかだ」。工場が稼働する平日の午前10時半から午後2時までの営業で、かけ、ぶっかけを中心に提供し、セルフ店のため値段は一般店の本店より安価を予定している。

 県内ではうどんブームを機に、県内外客によるうどん店巡りが定着。今回の出店で人気店・有名店の集積の魅力が高まり、新たな呼び込みにつながる可能性がある。既存店は「いい刺激になっている。一生懸命やるだけ」「かえって一帯がにぎやかになって良いのでは」などと話している。

 おか泉の岡田文明社長(59)は「既存店の皆さんと地域を盛り上げたい。全体で来店客が増えるよう相乗効果が図れればうれしい」としている。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる