讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

高松短大生、お接待実習 さぬき おへんろ交流サロン

2017/10/11

 高松短大(高松市春日町)秘書科の学生8人が9日、さぬき市前山のおへんろ交流サロンでお接待の実習に取り組み、お遍路さんらにうどんを振る舞った。

 学生たちは、温かいぶっかけうどん100食分のほか、高松市の栗林公園で茶摘みをして作った「たぁー茶」、菓子の詰め合わせを用意。「どちらから来られましたか」「困ったことはありませんか」などと声を掛けながら接待した。

 一番札所から歩き遍路を続けてきた東京都在住の会社員、若松正晴さん(70)は「結願目前でおいしいうどんをいただき、疲れも吹っ飛びました。本当にうれしい」と笑顔でお代わり。接待実習3度目という川井里織さん(20)は「自分から進んで話しかけられるようになった。社会人になっても、おもてなしの心を大切にしたい」と話していた。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる