讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

安全運転願いうどん接待 三豊署前でキャンペーン

2017/09/28
うどんを振る舞い、交通安全を呼び掛けたキャンペーン=三豊市高瀬町、三豊署前うどんを振る舞い、交通安全を呼び掛けたキャンペーン=三豊市高瀬町、三豊署前

 三豊市高瀬町の三豊署前で27日、来署した市民らにうどんを振る舞い、安全運転を呼び掛けるキャンペーンがあった。同市三野町の大見地区の住民らが手打ちうどんを接待し、ドライバーは交通安全の願いがこもった一杯を味わった。

 キャンペーンは、市三野町大見地区社会福祉協議会(竹内完士会長)が秋の交通安全運動(30日まで)の一環として、毎年実施している。同地区社協や三野町公民館大見分館うどん同好会のメンバー、大見幼稚園の5歳児ら合わせて約90人が参加した。

 この日は、うどん同好会のメンバーが前日から丹精込めて仕込んだ約250食を用意。園児たちの鼓笛隊の演奏を楽しんだ後、来署した人や同署員らに次々と振る舞った。

 このほか、園児らによる啓発グッズの配布もあり、子どもたちは「交通安全、お願いします」などと元気よく声を掛け、チラシと手作りのマスコットをドライバーに手渡した。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる