讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

讃岐の味、東京でPR 県が損保ジャパン本社で

2017/08/05
讃岐うどんなどを買い求める損保ジャパン日本興亜の社員ら=東京・西新宿讃岐うどんなどを買い求める損保ジャパン日本興亜の社員ら=東京・西新宿

 県東京事務所は4日、東京・西新宿の損害保険ジャパン日本興亜本社で県産品の出張販売を行った。地域の活性化などを目的に、県が昨年12月に同社と結んだ包括連携協定による取り組み。同社社員らは讃岐うどんやオリーブオイルなどをこぞって買い求めた。

 同社は香川県以外の自治体とも包括協定を結び、それぞれの地元特産品を販売する「地方創生マルシェ」を実施しており、今回が27回目。県は東京・新橋にある香川、愛媛両県のアンテナショップ「せとうち旬彩館」から県産品を調達し、社員食堂の一角に、讃岐うどんやオリーブ関連商品、希少糖を使った菓子などを並べた。

 この日は同社が年1回設定する「サンクスデー」とあって、社員の家族も大勢来社。そろいの法被姿で「香川のおいしい物産があります」と呼び掛ける県職員に促され、子連れで買い物を楽しむ社員の姿も目立った。

 食堂では、前日に続いて県産食材を使用したランチメニューを提供。この日は「温玉とろろ讃岐うどん」(430円)を400食限定で販売した。
(東京支社)

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる