讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

自作うどん堪能 兵庫県人会

2017/06/18


 兵庫香川県人会(葛西利延会長)はこのほど、神戸市中央区の生田文化会館で「さぬきうどんを打って食べる会」を開き、会員ら約120人が本場の味を満喫した。

 阪神大震災翌年の1996年、会員同士励まし合おうと初めて開催し、今年で20回目。家族も気軽に交流できる恒例の行事となっている。香川から駆け付けたさぬき麺業の森省一さんら社員3人が指導した。

 うどんづくりは初めての参加者も多かったが、アドバイスを受けながら、生地づくりから、延ばし、麺切りまでの作業を約1時間かけて体験。打ち立ての麺を大釜でゆで上げ、かけうどんにした。

 参加者は「力仕事で少し疲れたけれど、うまく仕上がった」など評判も上々。持参したあげやとろろ昆布などをトッピングし、自作のうどんを楽しんだ。

(大阪支社)

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる