讃岐うどん遍路

うどん関連ニュース

うどん振る舞い笑顔で接待実習 高松短大生

2017/02/27


 高松短大(高松市春日町)の秘書科の1年生6人が26日、さぬき市前山のおへんろ交流サロンでお接待実習に取り組んだ。学生は笑顔を絶やさず、お遍路さんらにぶっかけうどんや飲み物などを振る舞い、地域に根付くおもてなし文化を体感した。

 実習は、高塚順子准教授の「地域文化研究」講義の一環として、2003年度から実施しており、今回で33回目。学生たちは23日に同サロンから四国霊場88番札所・大窪寺まで歩き遍路を行い、お接待を受ける側の気持ちも体験した。

 この日のお接待では、約120玉のうどん、菓子の詰め合わせなどを用意し、次々と訪れるお遍路さんの対応に当たった。岡谷早記さん(19)は「心を込めてお接待することで、少しでもお遍路さんの疲れを癒やすことができたら」と話していた。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる