由緒正しき 讃岐うどん

由緒正しき 讃岐うどん

→讃岐うどんの打ち方 →県外人のためのうどん用語講座

県外人のためのうどん用語講

かけ

ゆであがった麺を水で締めた後、湯でさばいてかけだしをかけて出したもの。店によって上にのる具は異なりますが、ネギ、天かす、カマボコなどがポピュラー。熱いだしと冷たいだしを用意している店もあり、熱いだしをかける場合は「あつあつ」、冷たいだしをかける場合は「あつひや」と呼ぶことも。「ひやあつ」と希望すれば、水で締めた麺に、あついかけだしをかけたもの、「ひやひや」と希望すれば、水で締めた麺に冷たいかけだしがかかったものが出てきます。

釜あげ

釜の中でゆであがった麺をそのまま、ゆで汁と一緒に鉢に移したうどん。つけだしで食べます。

湯だめ

ゆであがった麺をいったん水で締めた後、湯でさばいて新しい熱い湯に入れて出したうどん。つけだしで食べます。

しょうゆ

ゆであがった麺を水で締め、そのままのうどんにしょうゆをかけたもの。麺本来の味が楽しめるとして、香川では定番の食べ方。

ぶっかけ

ゆであがった麺を水で締め、つけだしをかけて出したもの。「ざるぶっかけ」と呼ぶ場合も(ざるには盛られていません)。

釜ぶっかけ

釜あげしたうどん(水で締めていないうどん)につけだしをかけて出したもの。

天ざる

天ぷらの付いたざるうどん。県外でも見られますが、天ぷらを天つゆではなく、ざるうどん用のつけだしにつけて食べるのが讃岐流。「釜あげ天ぷら」も同じ要領で食べます。「天ぷらうどん」は、かけうどんの上に天ぷらがのったもの。

ざる

ゆであがった麺を水で締め、ざるにのせて出したもの。つけだしで食べます。

しっぽく

ゆであがった麺を水で締めた後、湯でさばき、そこへ大根やニンジン、里イモなどをしょうゆ味で煮込んだだしをかけて食べるうどん。

打ち込みうどん

大根やニンジン、里イモなどを味噌味で煮込み、そこへゆでない状態の麺(生麺)を加えて、煮込むうどん。讃岐名物「どじょううどん」もこの一種。

かけうどん かけうどん 釜あげ 釜あげ 湯だめ 湯だめ しょうゆ しょうゆ ぶっかけ ぶっかけ
釜ぶっかけ 釜ぶっかけ ざる ざる 天ざる 天ざる しっぽく しっぽく 打ち込みうどん 打ち込みうどん
Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる