讃岐うどん遍路

うどんコラム

これであなたもうどん通!
    5

恐るべし、讃岐うどんの小麦粉

 讃岐うどんの原料になる小麦粉は、そのほとんどがオーストラリアからの輸入 小麦粉であることは、関係者や麺通たちのみならず、香川県民にはかなり知られている。オーストラリアの小麦業者は毎年のように香川を訪れ、讃岐人のうどんに対する好みを調査して品質向上に努めているという話も聞いた。ま、「努力して知恵を出す者が勝つ」という、ビジネスの世界では当たり前のセオリーを実践しているだけであるが。

 で、そのオーストラリアから輸入された小麦を製粉業者がうどん用の小麦粉に 製粉して讃岐のうどん店に納入されるわけである。現在、讃岐うどん用小麦粉は 最大手の日清製粉を筆頭に多くの地元の製粉業者などがしのぎを削って粉を卸しているわけだが、1社で10種類以上のうどん粉を出していて、なかなかおもしろ いことになっている。何がおもしろいって、そのブランドの名前!

 日清製粉の讃岐うどん用小麦粉の主力商品は「金魚」と「雀」。聞き慣れた人には何でもないかもしれないが、これって結構アヤシイっす。例えば東芝冷蔵庫 「スズメ」みたいな、マイルドセブン「金魚」みたいな唐突さだ。

 地場の製粉業者で人気上昇中の日讃製粉の主力商品は「緑あひる」!他に「赤 あひる」とかあって、何じゃそりゃ。その他の業者から出ている粉の名前の中にも「紫駱駝」「だいぶつ」といったすごいのがある。うどん用の粉だけで、その数60種類以上。うどん屋さんに行ったら、その辺に粉の袋を積んである店がある ので、ひまな人は見てみよう。見ても何の役にも立たないけど。

恐るべし、うどんに乗せる天ぷら

 讃岐うどんのセルフ形態の店の楽しみは、何と言ってもオプションで取る天ぷらのラインナップ。店によって数種類〜数十種類の天ぷらやトッピングを用意していて、うどんより天ぷらで客を集める店まである。

 トッピングの定番の第一が「チクワの天ぷら」であることは疑いない。香川では当たり前のようにどこのセルフうどん店にもあるが、実は全国のうどん店でチクワの天ぷらが出てくる店は極端に少ないらしい。誰もこんなデータは取っていないが、ひょっとしたら香川は「チクワ消費量日本一」の県かもしれないと思っているんですが…。

 その他、エビ天、かき揚げ、サツマイモ天、ゴボウ天、ジャガイモ天、ゆで卵天、コンブ天、ナス天、タケノコ天、イワシ天、豆天、タコ天、アナゴ天、ゲソ天…もうありとあらゆる野菜や海の幸、山の幸、動物の幸(?)の天ぷらがあちこちのセルフ店に並んでいる。くわえて練り物の天ぷら、ワカメ、肉なども店ごとに工夫して揃えてある。高級天ぷら店の天ぷらのイメージではない。たいていが一つ60円とか80円とか、せいぜい100円。「うどん1玉に天ぷら一つ乗せて200円」とか「うどん2玉と天ぷら2つで350円」とかいった感じで注文する。やっぱ、安いなあ。

 ちなみに天ぷらの食べ方のバリエーション(ったって2つしかないけど)。圧倒的多数派は、天ぷらをうどんに乗せて、ダシに浸かったコロモがほぐれながら食べる。少数派は、天ぷらを小皿に取って、醤油かソースをかけてうどんとセパレートして食べる。ま、どっちでもええけど。オプションのコロッケまでうどんに乗せて、ダシでコロッケが砕けながら食べる人も結構いる。こないだ、おでんのスジを串を抜いてうどんに入れて食べているおっちゃんを見た。何でもありです。

人気オプションベスト3はこれだ

 セルフ店のバラエティなトッピングラインナップの中でも「あそこのこれ!」と名指しされる天ぷらがいくつかある。人気のいくつかを紹介。

 「竹清のゆで卵の天ぷら」…ゆで卵まるごとを、コロモをつけて揚げてある。ところがこれが、どのゆで卵天も黄身が半熟状態で揚がっているのだ!熱々のうどんの上でこいつをかじると中から半熟の黄身がトロッと出てきて、よって半分ぐらい空洞になった卵でダシをすくって一気に食べる!くー!たまらんなあ!(そんなことやってるやつ、見たことないが)

 「中北のイワシの天ぷら」…同じイワシの天ぷらなのに、何で中北のはあんなにうまいんじゃ。みんな言うてる。数ある中北の天ぷらの中でダントツ1番人気。他の天ぷらはちゃんと値段表示してあるが、イワシ天だけは「時価」と書いてあるところが恐ろしいが、時価の幅は100円〜200円だ(笑)。

 「宮武ファミリーのゲソ天」…いや、正確には「琴平の藤原屋さんという天ぷら屋のゲソ天」。これが琴平の「宮武」、まんのうの「山内」、綾川の「松岡」、高松市の「あたりや」の宮武ファミリー4軒とまんのう町の「山神」などに入っている。とにかくデカいのに柔らかくて、けどちゃんと固くて(どっちや)うまい!原材料のゲソ(イカの足)は某水産会社から胴を取った残り物を仕入れているらしいが、ここ数年のゲソ天人気でムチャクチャ売れ出して、今、その水産会社でイカの胴が余っているという話があるが、ウソっぽいけどおもろいので書いておこうっと。

Copyright (C) 2000- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.  
ページの上へもどる