横綱稀勢の里は出稽古を回避/疲労回復に向け基本運動

2018/09/05 17:08

 

 田子ノ浦部屋で稽古中に振分親方(手前)と話す稀勢の里=5日、東京都江戸川区

 田子ノ浦部屋で稽古中に振分親方(手前)と話す稀勢の里=5日、東京都江戸川区

 大相撲秋場所(9日初日・両国国技館)で進退を懸ける意向の横綱稀勢の里は5日、出稽古を回避し、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で調整した。相撲は取らず、四股やすり足など基本運動に終始。「だいぶ疲れていたし、バランスも悪くなっていた。体の疲れは取れた」と疲労回復に努めたことを強調した。

 左大胸筋のけがなどで8場所連続休場中の稀勢の里は、2日から3日連続の出稽古を重ねた。左からの攻めを見せる一方、4日の二所ノ関一門連合稽古では大関豪栄道に3勝8敗。腰高の課題も見られた。ただ横綱は復活に向け「ここ何場所に比べれば、全然違う。順調に来ていると思う」と手応えを示した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459