相撲協会の公益認定、取り消しを/女人禁制、主婦が署名提出

2018/05/23 17:09

 

 日本相撲協会の公益認定取り消しを求め、署名提出に向かう轟木洋子さん(中央)ら=23日午後、東京都港区

 日本相撲協会の公益認定取り消しを求め、署名提出に向かう轟木洋子さん(中央)ら=23日午後、東京都港区

 大相撲の土俵に女性が上がれない「女人禁制」に関し、女性を差別しているとして日本相撲協会の公益認定の取り消しを求め、東京都世田谷区の主婦、轟木洋子さん(59)が23日、インターネット上で集めた約1万7千人分の署名を内閣府の公益認定等委員会に提出した。委員会は内容を見て対応を判断するという。

 轟木さんは「公益事業で女性差別をしている。指導してほしいということを伝えた」と話した。

 相撲協会は4月の春巡業で、京都府舞鶴市長が倒れた際、救命処置をした女性に土俵から下りるよう促す場内放送が批判を浴びた。協会はその後の臨時理事会で一般男女への意識調査実施などを決めた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459