北の富士氏が心臓を手術/解説は休み、3月復帰意向

2017/01/08 15:53

 

 北の富士勝昭氏

 北の富士勝昭氏

 大相撲の元横綱で解説者の北の富士勝昭氏(74)=本名竹沢勝昭、北海道出身=が昨年末に心臓の手術を受け、8日から始まった初場所でNHKのテレビ、ラジオの解説を全て休むことになった。同日に明らかにしたNHKによると経過は良好で、現在は東京都内の自宅で療養中。3月の春場所から復帰する意向を示しているという。

 北の富士氏は現役時代に優勝10回を記録し、引退後は九重親方として千代の富士、北勝海の両横綱らを育てた。日本相撲協会理事も務めたが、1998年1月に同協会を55歳で退職。現在は歯に衣着せぬ物言いと、ユーモアを交えた解説でファンに親しまれている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459