天気予報を見る
 
新聞購読申込

貴景勝の師匠が理事長らに謝罪/異例の2度休場で混乱招き

2019/05/20 16:42

 右膝の負傷で、大相撲夏場所9日目に異例となる同場所2度目の休場をした新大関貴景勝の師匠、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は20日、混乱を招いたなどとして、東京都墨田区の両国国技館で日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らに謝罪した。

 千賀ノ浦親方は「(対戦相手に)不戦勝を2回も出してしまった。『ご迷惑をお掛けしました。大変申し訳ありません』というお話をした」と述べた。八角理事長からは「しっかり治してから、出てきてください」と伝えられたという。他に東京開催場所の責任者、尾車事業部長(元大関琴風)や取組編成を担う審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)らに陳謝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.