天気予報を見る
 
新聞購読申込

白鵬関が反省「勉強不足だった」/三本締めで協会からの処分に

2019/04/25 16:27

 埼玉県日高市の巡業に参加した横綱白鵬関=25日
 埼玉県日高市の巡業に参加した横綱白鵬関=25日

 大相撲の横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は25日、春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行い、日本相撲協会からけん責処分を受けたことに「勉強不足だった。また一から勉強して生まれ変わった白鵬を見せていきたい」と反省の弁を述べた。巡業先の埼玉県日高市で応じた。

 白鵬関は、本場所終了を意味する神送りの儀式前に手締めをした。問題視した横綱審議委員会と評議員会が白鵬関を注意するよう要請し、協会のコンプライアンス委員会が調査。同委員会から処分意見を受け、協会は臨時理事会で処分を決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.