天気予報を見る
 
新聞購読申込

夏場所、令和元年の御免札掲げる/両国国技館、新元号最初の大相撲

2019/04/16 12:15

 両国国技館の正面に設置するため、運ばれる「令和元年」と記された大相撲夏場所の御免札=16日午前、東京都墨田区
 両国国技館の正面に設置するため、運ばれる「令和元年」と記された大相撲夏場所の御免札=16日午前、東京都墨田区

 大相撲で新元号「令和」での最初の本場所となる夏場所(5月12日初日)の開催を告知する「御免札」が16日、会場となる東京都墨田区の両国国技館の正面に設置された。力強い墨の相撲字で「令和元年」の文字がしたためられた御免札は、地上から約5メートルの高さに掲げられた。国技館前では立ち止まり、見上げる通行人もいた。

 日本相撲協会は令和最初の日となる5月1日に、国技館で関取衆70人全員による「令和」の人文字を作ることを16日に発表。今後も新元号に関連した企画を検討していく。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.