天気予報を見る
 
新聞購読申込

荒磯親方が国技館であいさつ回り/元稀勢の里、引退相撲は9月に

2019/01/17 20:59

 あいさつ回りで両国国技館を訪れた元横綱稀勢の里の荒磯親方(手前)=17日午後、東京都墨田区
 あいさつ回りで両国国技館を訪れた元横綱稀勢の里の荒磯親方(手前)=17日午後、東京都墨田区

 大相撲初場所4日目の16日に現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方が17日、東京都墨田区の両国国技館を訪れ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や各部署へあいさつ回りした。また断髪式を行う引退相撲は9月29日の実施が濃厚となった。

 荒磯親方は羽織はかま姿で役員室や審判部、チケット売り場などで引退を報告。一夜明けた心境を「土俵に上がれない寂しい気持ちはある。でもここからまた新しいスタートなので、一歩一歩進んでいきたい」と述べた。土俵を去った実感は「なかなか湧かない。まだスーツも持っていないし」と戸惑いを口にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.