天気予報を見る
 
新聞購読申込

稀勢引退で角界からさまざまな声/「鮮烈な連続優勝」

2019/01/16 12:26

 2017年3月、大相撲春場所で2場所連続2度目の優勝を果たし、賜杯を手にする横綱稀勢の里=大阪市
 2017年3月、大相撲春場所で2場所連続2度目の優勝を果たし、賜杯を手にする横綱稀勢の里=大阪市

 横綱稀勢の里の引退決断を受け、日本相撲協会関係者はさまざまな思いを述べた。審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)は「2場所連続の鮮烈な優勝は私も頭の中に残る。本音を言えば、横綱としてもっと土俵に上がって白星を重ねてほしかった」と残念がった。

 度重なるけがに苦しみながらも史上2位の通算1047勝を積み上げた浅香山親方(元大関魁皇)は「一つ勝てば変わる気はしたんじゃないか。本人が一番、悔しいと思う」と引退を惜しんだ。兄弟子に当たる西岩親方(元関脇若の里)は「残念という気持ちとよくやったという気持ち。けがをして苦しんだけど立派な横綱だった」とねぎらった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.