天気予報を見る
 
新聞購読申込

初場所の前売り、5時間余で完売/国技館の全15日間分

2018/12/08 18:42

 大相撲初場所(来年1月13日初日・両国国技館)の前売り券販売が8日に始まり、開始の午前10時から5時間余りで全15日間分が完売した。元幕内貴ノ岩の付け人への暴行など不祥事が相次ぐ中でも、堅調な人気を示した。当日券は各日約350枚用意される。

 大相撲は昨年から2年連続で全90日間の満員御礼を記録。チケット売り場担当の勝ノ浦親方(元幕内起利錦)は「大変ありがたい」と盛況ぶりに感謝した。

 初場所では進退の懸かる横綱稀勢の里関に注目が集まる。九州場所で初優勝し新関脇昇進が確実な22歳の小結貴景勝関らの躍進も期待される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.