天気予報を見る
 
新聞購読申込

立ち合いで石浦と安美錦を注意/審判部副部長が苦言

2018/11/17 21:19

 日本相撲協会審判部の高田川副部長(元関脇安芸乃島)は大相撲九州場所7日目の17日、立ち合いが3度も不成立となった十両の安美錦と石浦を口頭で注意した。「待った」の後に変化で勝利の石浦には苦言も呈した。

 最初に安美錦が「待った」をし、2度目は高田川副部長が不成立と判断。3度目は石浦が「待った」をし、4度目に石浦が左へ変化して簡単にはたき込んだ。館内はため息に包まれた。

 高田川副部長は石浦に対し、個人的な見解として「(じらすために)わざと待ったをしたんじゃないか」と厳しい口調で諭した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.