天気予報を見る
 
新聞購読申込

秋場所の新弟子検査、全員がパス/アマルサナーら5人

2018/09/04 16:58

 大相撲秋場所の新弟子検査で身長を測るアマルトゥブシン・アマルサナー=4日午後、東京・両国国技館
 大相撲秋場所の新弟子検査で身長を測るアマルトゥブシン・アマルサナー=4日午後、東京・両国国技館

 大相撲秋場所(9日初日)の新弟子検査が4日、東京・両国国技館で行われ、受検した5人全員が身長167センチ、体重67キロ以上の体格基準を満たした。合格者は内臓検査の結果を待ち、初日に発表される。

 鳥取城北高3年だった昨年の全国高校総体個人を制し、外国出身初の高校横綱となったアマルトゥブシン・アマルサナー(19)=モンゴル出身、二子山部屋=は183センチ、135キロでパス。「ちょっとずつ上を目指す」と初々しく話した。アマルサナーと、同じくモンゴル出身のナサンジャルガラ・チンゾリグ(18)=東関部屋=は合格すれば、興行ビザ取得後の本場所で前相撲を取る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.