天気予報を見る
 
新聞購読申込

稀勢の里の状態は良好/田子ノ浦親方が説明

2018/06/14 17:27

 徳島市内で記者会見する田子ノ浦親方=14日
 徳島市内で記者会見する田子ノ浦親方=14日

 大相撲の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は14日、徳島市内で記者会見し、左大胸筋などのけがで7場所連続休場中の横綱稀勢の里の状態について「けがもだいぶ良くなって、稽古もできるようになってきた」と説明した。15日から同市の徳島文理大で部屋の合宿を行うのを前に取材に応じた。

 名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けて、稀勢の里は左上腕の負傷で5月の夏場所を休場した大関高安とは相撲を取っていないという。本格的な稽古再開に、同親方は「本人たちと話をして、いけるようだったらやらないと。次の場所も近いし、視野には入れています」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.