天気予報を見る
 
新聞購読申込

土俵「女人禁制」で署名提出へ/相撲協会の公益性を否定

2018/05/17 20:37

 大相撲の土俵に女性が上がれない「女人禁制」問題を受け、女性差別を理由に日本相撲協会の公益財団法人認定の取り消しを求め、一般市民の1万6692人分もの署名が内閣府の公益認定等委員会に提出されることが17日、明らかになった。

 東京都世田谷区の主婦(59)がインターネット上で4月10日から署名を募った。5月23日に内閣府へ提出する予定。公益財団法人は税制面で優遇措置を受けていることから、文書で「税金が女性を差別する団体のために使われていることを意味します」と指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.