天気予報を見る
 
新聞購読申込

稀勢の里「いい1年にしたい」/再起へ18年の稽古始め

2018/01/02 16:11

 稽古始めで高安(手前)と組み合う稀勢の里=2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋
 稽古始めで高安(手前)と組み合う稀勢の里=2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 4場所連続休場から再起を目指す大相撲の横綱稀勢の里が2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古始めを行い「けがもなく、いい1年にしたいと思う」と、明るい表情で抱負を語った。

 2018年は激しい稽古で、精力的にスタートした。大関高安と31番続けて取り25勝。思い切りぶつかって右上手を先に引いての寄りを繰り出したり、まわしにこだわらず突き、押しで攻め立てたり。稽古場には重い音が響き、横綱の肌もみるみるうちに赤くなっていった。目いっぱい動いて復活に向けて汗を流し「いい稽古ができた」と納得の口ぶりだった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.