天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

大相撲、混戦の年間最多勝争い/日馬首位、最少の可能性も

2017/11/10 17:45

 9月の大相撲秋場所で優勝した横綱日馬富士。年間最多勝争いで現在トップ=両国国技館
 9月の大相撲秋場所で優勝した横綱日馬富士。年間最多勝争いで現在トップ=両国国技館

 12日に初日を迎える大相撲九州場所(福岡国際センター)では年間最多勝争いも注目される。現在の首位は横綱日馬富士で47勝。関脇御嶽海が45勝で続いている。

 99年ぶりに3横綱2大関が休場の先場所が象徴するように、今年は上位陣に休場が続出。年6場所制となった1958年以降最少の60勝(関脇貴花田=92年)を下回るほど、低レベルの最多勝に終わる可能性もある。

 報道陣からトップであることを聞いた日馬富士は「そうなの?俺も初場所を途中休場しているのにね。まあ頑張るよ」とかわした。今年は5場所全て勝ち越しの御嶽海は「自分が2位ということが驚きでしかない」と口にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.