天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

田子ノ浦親方が審判外れる/膝痛で、代役は西岩親方

2017/01/06 11:56

 日本相撲協会審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は6日、初場所(8日初日・両国国技館)で田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が勝負審判から外れ、田子ノ浦部屋付きの西岩親方(元関脇若の里)が代役を務めることを明らかにした。西岩親方によると、田子ノ浦親方は膝を痛めて、歩くことも困難な状況という。

 西岩親方は「(審判は)初めてのことなので、先輩方から教わりながらしっかり務めたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.