天気予報を見る
 
新聞購読申込

善光寺で横綱・鶴竜関が土俵入り/災害からの復興願い

2015/10/15 17:14

 善光寺境内で土俵入りを披露する横綱鶴竜関=15日午後、長野市
 善光寺境内で土俵入りを披露する横綱鶴竜関=15日午後、長野市

 長野市の善光寺境内で15日、御嶽山噴火など災害からの復興を願い、横綱鶴竜関が土俵入りを披露した。

 長野県で昨年、土石流や噴火、地震災害が相次いだため日本相撲協会などが企画した。協会によると、横綱土俵入りは大地を踏んで邪気を払い鎮め、正気を招き寄せるとの意味があるという。

 記者団に「選ばれて光栄」と語った鶴竜関は午後1時すぎ、太刀持ちに豊ノ島関、露払いに勢関を従えて登場。力強い雲竜型の土俵入りを披露すると、集まった3千人を超える見物客から掛け声が上がり、大きな拍手が送られた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.