天気予報を見る
 
新聞購読申込

白鵬関ら岩手の被災地訪問/大相撲の巡回慰問スタート

2011/06/04 18:33

 被災地を慰問のため訪れ、横綱土俵入りを披露する白鵬関=4日午後、岩手県大槌町
 被災地を慰問のため訪れ、横綱土俵入りを披露する白鵬関=4日午後、岩手県大槌町

 被災地慰問のため岩手県山田町の山田南小を訪れ、被災者らに迎えられる大相撲の横綱白鵬関=4日午前
 被災地慰問のため岩手県山田町の山田南小を訪れ、被災者らに迎えられる大相撲の横綱白鵬関=4日午前

 日本相撲協会による東日本大震災の被災地巡回慰問が4日、岩手県の山田町と大槌町から始まり、横綱白鵬関や大関魁皇関ら幕内上位力士18人がサインや記念撮影に笑顔で応じたり、ちゃんこ鍋を振る舞うなど被災者と触れ合った。

 午前開始の山田町の小学校に約2千人、午後の大槌町の運動公園には約800人が集まり、白鵬関は2カ所で横綱土俵入り。力強い不知火型を披露すると、「よいしょ!」の掛け声が飛び交い、熱気に包まれた。

 白鵬関は「土俵入りに熱を込めた。この国のみなさまとの絆を深く感じた。来て良かった」と、しみじみと話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.