サッカー、本田選手が初采配/カンボジアで初陣は飾れず

2018/09/11 00:19

 

 【プノンペン共同】サッカーの元日本代表で、カンボジア代表の実質的な監督に就いた本田圭佑選手(32)が10日、プノンペンで行われたマレーシアとの国際親善試合で初采配を振るった。1―3で逆転負けして初陣は飾れなかったが、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに所属して現役を続けながら、異例の挑戦が始まった。

 雨が降る中、本田選手はピッチ脇に立ち、身ぶり手ぶりを交えながら指示。声を掛けられた選手が真剣な表情で何度もうなずく場面もあった。試合は悪天候で開始が約30分遅れたが、競技場はほぼ満員に埋まり、カンボジアが前半に先制すると歓声に包まれた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459