ロベカル、Fリーグ出場/2得点で勝利に貢献

2018/09/09 18:07

 

 フットサルFリーグの仙台戦で、自身2点目となる右足ボレーを決めるFリーグ選抜のロベルトカルロス氏(左)=丸善インテックアリーナ大阪

 フットサルFリーグの仙台戦で、自身2点目となる右足ボレーを決めるFリーグ選抜のロベルトカルロス氏(左)=丸善インテックアリーナ大阪

 サッカーの元ブラジル代表で、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会優勝メンバーのロベルトカルロス氏(45)が9日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われたフットサルのデュアリグFリーグの公式戦に出場した。Fリーグ選抜の一員として1試合限定で仙台戦に臨み、2得点の活躍で2―1の勝利に貢献した。

 前半、巧みな胸トラップから左足で冷静に決めて先制点。1―1の後半には、絶妙のタイミングで左サイドに展開し、折り返しを右足ボレーで決め、短い出場時間で往年の輝きを見せた。リーグによると、最年長での得点となった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459