天気予報を見る
 
新聞購読申込

サッカー指導、暴力根絶へ新基準/除名など厳罰、協会理事会

2019/05/16 21:06

 日本サッカー協会は16日、東京都内で理事会を開き、暴力、暴言の根絶に向けて、指導に関連する懲罰基準を新たに定めた。暴力、体罰で全治1カ月以上の傷害を負わせた場合や、暴言やわいせつ行為を繰り返した指導者には、永久的な活動停止や除名の処分を科す。

 同協会は2013年に暴力根絶相談窓口を設置するなど対策を進めてきたが、18年度の通報件数は過去最多の120件に上った。須原清貴専務理事は「本来サッカーを含むスポーツは楽しいもの。体罰、暴言、差別、ハラスメントを完全に根絶したい」と決意を口にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.