天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川真司の「冬の移籍」容認か/ドルトムント幹部「話し合う」

2018/11/28 00:06

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの強化責任者であるツォルク氏が、出場機会を失っている香川真司について「この状況が彼にとって満足できないものであるのは理解できる。話し合うつもりだ」と述べ、1月の移籍を容認する姿勢を示唆した。27日付の地元紙ルール・ナハリヒテン(電子版)が報じた。

 香川を巡っては今年の夏にセビリア(スペイン)やベシクタシュ(トルコ)が興味を持っていると伝えられたが、残留。しかし、今季は定位置をつかめず、公式戦で4試合の出場にとどまっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.