天気予報を見る
 
新聞購読申込

サッカー、宇佐美が先制点で貢献/ドイツ1部

2018/11/11 01:31

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは10日、各地で行われ、デュッセルドルフの宇佐美貴史は本拠地でのヘルタ戦にフル出場し、後半5分に今季初得点となる先制ゴールを決めた。試合は4―1で勝った。

 ブレーメンの大迫勇也は1―3で敗れたホームのボルシアMG戦で出番なし。ニュルンベルクの久保裕也は0―2で敗れた本拠地でのシュツットガルト戦でベンチを外れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.