天気予報を見る
 
新聞購読申込

田嶋会長が報酬10%返納決める/サッカーU―17女子監督辞任で

2018/11/08 17:52

 日本サッカー協会は8日、東京都内で理事会を開き、女性職員に対する不適切行為でU―17(17歳以下)女子日本代表の楠瀬直木監督が辞任した管理責任を取り、田嶋幸三会長、須原清貴専務理事と女子委員会の今井純子委員長、手塚貴子副委員長の4人が役員報酬の10%を3カ月間、自主返納することを決めた。

 楠瀬氏本人への処分は、今後の裁定委員会などで検討する。U―17女子代表監督の後任には、U―18女子日本代表監督の池田太氏が正式に就任した。契約は13日にウルグアイで開幕するU―17女子ワールドカップ(W杯)終了まで。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.